全世界の伝動機器産業の要求を満たせる革新的な新デザインの自動調心ころ軸受ユニットをご紹介します。

QRコードをスキャン

以下の情報に繋がります。

スキャンした型番の図面寸法
設置方法のビデオ
メンテナンス情報

接触シールの防塵

COC独自の設計のシールはシャフトの+/- 2°の調心角度に常に均等にスリンガに接触して防塵します。 ステンレス製のスリンガはシールをゴミやダメージから守ります。

可動から固定へ

もし使用条件が熱によるシャフトの伸びがある場合、各シャフトには固定ユニットを1個だけ使って下さい。

ユニットの裏側のスナップリングを外側の溝に移動させるだけで簡単に固定タイプから可動タイプに、またその逆にも変更出来ます。

SN寸法の新アダプタロッキングシステムは現在の2つ割SNプランマブロックに置き換えが可能です。取り出してすぐに使えて、従来の時間とコストを簡単に節約出来ます。
クロスロック(CROSSLOC™)とSNハウジング

特許申請中のアダプタによる締結システムのクロスロックCROSSLOC™は軸上のキャップボルトで一方向から締め外しを行うことが出来ます。4箇所を対角に締めて取り付け、緩めて取り外しが可能です。必要な工具は六角レンチ1本です。交差の大きいアンダーサイズのシャフトに大変有効でスリーブ全体で幅広くシャフトを保持します。

対応するSN製品とは100%の互換性があります。COCのSNは工場でシールされグリースを封入し組立てられてますのでいつでも使用出来る状態です。
このロッキングシステムには互換性を重視し市販のアダプタスリーブを使用しています。アダプタスリーブですのでシャフトがアンダーサイズでも完璧に保持します。回転するローラーとシャフトの間で100%全周均等に接触してがっちりと固定出来ます。
COCアプリでQRコードをスキャン

シリアル番号を登録して保証期間を延長可能
再オーダーに在庫をチェック出来る